仏像

仏像

仏像,種類,彫刻,タイ,奈良などなど

日本の仏像

仏像(ぶつぞう)は、仏の姿をした像のことですね。

日本に仏教が入ってきたのは、6世紀半ば。

江戸時代までに造立されたのは、約10数万になります。

日本を代表するものは、素晴らしいものばかりですね。

仏像の種類

阿弥陀如来 彫金仕上げ 純度96.3%金310g  一点もの【仏像の天竺堂 仏教美術 中】

種類は、如来・菩薩・明王・天部が主で、その他を入れると分類は5つになります。

如来は、最高の境地に達したもの、最高の位。

菩薩は、さとりを求める者なので、修行者。

明王は、如来の教えに従わない者への怒りの仏。

天部は、仏教を信ずる者を敵から守る仏となります。

仏像彫刻

興味のある人は、彫刻を作ってみたくなると思います。

実際作ってみるとなかなか難しいものw

わたしは、初心者向けの本を読んで勉強しています。

仏像 トップへ戻る